やること

読む本

スーザン・ソンタグ『写真論』

ロラン・バルト『明るい部屋ー写真についての覚書』

ジョナサン・クレーリー『観察者の系譜』

 

論文の型を知る(=文献を読む)。ある程度知ったうえで、自分はどういう論じ方をしたいのかをなんとなくでいいから決める。

広告を非表示にする