レンガー=パッチュ『Die Freude am Gegenstand』

卒論は、結局レンガー=パッチュメインでやることになりそうです。パッチュの著作は、日本で出ているものがひとつもないので、自動的にドイツ語を読む分量がどかっと増えてしまいました……。でも、パッチュのエッセイ集も手に入ったし、写真美術館に行けば殆…

スケジュールと目標の可視化

できる研究者の論文生産術 どうすれば「たくさん」書けるのか (KS科学一般書) 作者: ポール.J・シルヴィア,高橋さきの 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2015/04/08 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (1件) を見る 大学教授陣の独断と…

レンガー=パッチュ

マジで文献がない。写真集の日本語版すら出ていない。何故だ、何故なのだ。あんなにカッコいい写真を撮っているのに、何故こんなにも文献がないのだ。 東京都写真美術館には原文のほうが所蔵されているみたいだから今度また行ってこようとおもう。今度は電子…

ライナー・ホルツェマー『アウグスト・ザンダー』

アウグスト・ザンダー [DVD] 出版社/メーカー: TCエンタテインメント 発売日: 2005/11/25 メディア: DVD 購入: 1人 クリック: 7回 この商品を含むブログ (16件) を見る アウグスト・ザンダーの子孫や助手だった人物などへのインタビューと、ザンダーの写真と…

飯沢耕太郎『カラー版 世界写真史』

カラー版 世界写真史 作者: 飯沢耕太郎 出版社/メーカー: 美術出版社 発売日: 2004/08 メディア: 単行本 購入: 6人 クリック: 13回 この商品を含むブログ (29件) を見る 「写真」の領域で卒論をやるにあたって最初に読んだもの。 カメラの発展のあたりはかな…

文献めも用ぶろぐ

つくりました。 文献読んでわかったこと、感じたことなどをめもする場所。興味が湧いた人物・作品とか、行きたい場所とかも。 勉強道具や卒論メモ帳はなるべく持ち歩きたいけど、体調や用事などを鑑みて臨機応変に持ち物調整していく。 そのためには、いつで…