読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飯沢耕太郎『カラー版 世界写真史』

 

カラー版 世界写真史

カラー版 世界写真史

 

  「写真」の領域で卒論をやるにあたって最初に読んだもの。

 

 カメラの発展のあたりはかなりしんどかったのだが、前衛芸術運動あたりでワクワクし始める。「レンガー=パッチュ*1」なる新即物主義*2写真家の、『世界は美しい*3』での一作品を見て、かなりの勢いで墜ちた。

 

f:id:azum1:20170422160833j:image

 自分でこういった写真を撮るのが好きだったので、レンガー=パッチュの作品はかなり好みだ。しかしパッチュ、かなり文献が少ない。困った……。

 

 この文献ではアウグスト・ザンダー*4新即物主義の項目で登場するが、他の文献を読んでいると「ザンダーの作品は新即物主義に近い」などの記述が見られるため、どうやら微妙なラインらしい。

 

(4月13日)

*1:Albert Renger-Patzsch

*2:Neue Sachlichkeit

*3:Die Welt ist schön

*4:August Sander